【ペンの正しい持ち方】

持ち方

ペン先から3㎝の部分を、親指と人差し指、中指で軽くにぎり、小指が紙面に軽く触れる程度に持ちます。

注意:人差し指が反らないで下さいね!(反る方は不必要な力が入っています)

 

角度

紙に対してボールペンの角度が60度程度に。(ボールペンはあまり寝かせると、ボールペンの回転が悪くなります)

 

◎ペンを軽くもつこと(握りしめない)

◎紙の上を滑るくらいのつもりで、筆圧をかけ過ぎないこと。

 ★ 疲れないコツは、力を必要以上にかけ過ぎないことです。

下図のような、ウォーミングアップしてから書くと良いです!

 

姿勢 ペタ・ピン・トン  書いている時の姿勢を誰に、どこから、見られているかわかりませんよ! 

背筋をピンと伸ばしましょう!

リラックスして肩の力を抜きましょう!                                             

机と体の間は握りこぶし1個分ぐらいあけましょう。

足を組んだり投げ出したりせず、足の裏がペタッと地面についていること。(姿勢が悪くなるので)

紙の上に左手をトンと置きましょう。

 

紙の置き方

右利きの方は用紙を体のやや右に置きましょう!

 

上手に見せる為の秘策

硬筆用下敷きを使うことをお勧めします

ハード下敷きと違って、ソフトなのでペンが食い込みますので、筆圧が美しく出ますよ!美文字に見せる秘策!

履歴書、葉書き…など、書く時には是非、使ってみて下さい!

私の生徒さん達は、全員、硬筆用下敷きを使っています。「書きやすい」と好評です(^o^)

2枚お持ちになって、職場とご自宅の両方で使われていますよ!

A4とかB4…用途に応じてサイズも選べます。うちの教室ではA4を使用しています。

 

これまで授業をしてきて感じたこと

正しい持ち方をされている方は、正直、少ないです。

そういう場合、正しいお箸の持ち方を習得されてないケースが多いです。

そして、書いていると「肩が凝るんです!手が疲れるんです!」とおっしゃいます。

肩の力を抜いて、リラックスして下さいね。そうすれば、手が疲れません!

なんなら、書き始める前に、深呼吸をしてからペンを握ってもOKですよね!

正しいペンの持ち方は年齢に関係なく習得できます!

 

さあ、今日のペンの持ち方についての講座はいかがでしたでしょうか?

では・・・・(^_-)-☆

香龍