ものの種にぎれば命ひしめける

作者:日野草城(大正時代から昭和の中期)

季語:種(春)

解釈:植物の種を握りしめてみると、命そのものがひしめき合っているのを感じる。