【ほととぎす ひそと咲きをり 溶岩の影】無影句

祖父の詠んだ俳句を書きました。

季語→ ホトトギス (秋)

★ホトトギス→山地に自生しているユリ科の多年草。

花はユリの花を小さくしたような形で、内面に濃い紅紫色の斑点がついており、この斑点が、鳥のホトトギスの胸毛の斑点に似います。

良く見ないと見過ごしてしまいそうなゴツゴツした溶岩の影に、ホトトギスソウが美しく、「ひっそり」と咲いている。

祖父はこの小さな命を発見し感動したのでしょう・・・。

可憐な花を咲かせているホトトギスソウに、生命力のたくましさを感じます。

私もどんな状況にあっても、このホトトギスソウのように、屈強に生きて行かねばと、勇気をもらえる俳句です。

香龍