なれ鮨に ここ紀の旅の 秋祭り】 無影句

 

 

 なれ鮨: 和歌山の郷土料理。もともとは保存食として作られた、 発酵食品(発酵寿司)
時間がたって味加減が良くなり熟成するチーズや納豆、ヨーグルトのように、塩漬けした魚(サバ)を塩抜き、骨抜きし、約1合のご飯にのせて天然のアセの葉で包み、桶に漬け込み重石を置いて、味が熟す(発酵熟成)するのを待つ、とても体にいい昔から紀州有田地方に伝わる伝統的な発酵食品。

 ネットから「なれ鮨」の写真を引用させていただきました<(_ _)>

私は旅先でご当地のものを頂くのが、大好きで、旅の楽しみの一つでもあります。

私は2016年夏、熊野詣出をしたのですが、「なれ鮨」というものを知らなかったので、いただきませんでした。

もっと早くにこの俳句を見つけていれば…と、凄く残念です!

身体に良さそうで、とっても、とっても美味しそう!

デパートの物産展かどこかで入手できるといいな~ (^o^)

 

香龍