しのぶれど色に出にけり我が恋はものや思ふと人の問ふまで 平兼盛

百人一首40番

現代語解釈:心に秘めてきたけれど、顔や表情に出てしまっていたようだ。
私の恋は、「恋の想いごとでもしているのですか?」と、人に尋ねられるほどになって。