吟風一様松(かぜにぎんず いちようのまつ)

禅語

解釈:松はみな同じように風に梢を鳴らしている。寒山の居する深山の様子を語ったもの。