お蔭様で、松葉杖を病院で精算し返却しました\(^o^)/

突然の展開にビックリです。

104日振りに二本足で歩き、タクシーを使わず、電車に乗りました。
勿論、ギブスは装着したままです。
スニーカーもはけないのでこれまで通りの整形外科で買った「怪我した人の為のシューズ」を履いていますが、嬉しかったです。
7月半ばに怪我してから、夏、家にいる時はクーラーを入れ、病院のリハビリ室もクーラーが効いてとっても涼しかったので、全然汗をかくことがありませんでした。

でも、今日は老人にも追い越されながら、ゆっくり慎重に歩けました。そうしたら汗を一杯かきました。そんな些細なことにも感動・・・!
怪我前までは当たり前にできていたことがやっと可能になりました\(^o^)/
私には長~い長~い104日でした。
先生が「杖を貸しましょうか?」とおっしゃって下さいましたが、「借りなくて大丈夫です」と返答しました。
帰宅時に花屋さんに寄って、仏花を買い、帰宅後、両親の仏壇に報告しました。
ポインセチヤやシクラメン、お店の中はすっかりクリスマスムード・・・。
自分で歩いて店頭で果物を見たり、花を見て、季節感を肌で実感するのは素敵なことです(^^)
お酒が飲めたら、お祝いにワイングラスを傾けたいです。
グラスに、ワインに見立てたジンジャーエールを注ぎましたら、涙がこぼれて来ました・・(T_T)

今は歩けることにこれほど感動している自分ですが、この新鮮な気持ちも時間の経過と共に、きっと忘れてしまうのだろうな・・・と、安易に想像できます。

歩けることが、当たり前のことではなかったんです。
これほどにも、幸せなことなんです!
色々ご心配お掛けしました。
又お励ましは不安だった私には嬉しかったです。
有り難うございました。
これまで通り、まだまだ暫くはリハビリ通院は続きます。
取り急ぎご報告まで・・・。

香龍