「どうしたら、上手に書けるようになりますか?」
「今からでも、大丈夫でしょうか?」

という、ご質問を受けることがあります。

最初はとにかく、手本を良く見ることです。
そして、手本を真似て書いて、手本にできるだけ近づくようにと努力することです。

始めるのに遅いとか早いとか、関係ありません。
ご自分が始めたいと思われた時にスタートすれば、良いのです。

幼児の場合は、正しい鉛筆の持ち方・姿勢を始めから身につけて頂くことになります。

大人の方が書道(毛筆)を始められる場合、私は、まずは楷書から始めます。
九成宮醴泉銘(欧陽詢)の臨書から、指導させていただいております。

慣れていらしたら、行書、それから、草書。
あとは、かなへと、展開していきます。

続け字を書きたいとおっしゃる方も、まずは基本を身につけてから、連綿の勉強へと移行していきます。

1人でも多くの方達に、書の美しさ、文字の美しさを広めていければ・・・、
1人でも多くの方達に日本の文化の素晴らしさを認識していただき、継承していくことに貢献できれば・・・と日々、願っております。

香龍