無縄自縛(むじょうじばく)

禅語→道元の言葉

解釈:自分を縛る縄などないのに、「自分はだめだ」という思い込みで、自分で自分自身を縛っている。