春在一枝中(はるはいっしのうちにあり)

禅語

解釈:一枝の芽がふくらみ始めた。もうそれだけで春はあたりに遍満している様子である。