万葉集、梅の花を歌った32首の序文を書いてみました。

時あたかも新春のよき月


空気は美しく 風はやわらかに

梅は美女の鏡の前に装う

白粉のごとく白く咲き


蘭は身を飾った香のごとき


かおりをただよわせている