【たたずめば めだかの列の みだれけり】 無影句

私の祖父 木村 無影が詠んだ俳句を書いてみました。

【季語】めだか:夏

【解釈】整然と1列に泳いでいた「めだか」。自分がめだかを見ようと川辺に立った為に、めだかの列が乱れてしまった・・・。

 

めだかでなくても、他の魚でも、こういう事ってよくありますよね。

あと蟻の列でも、こうい経験をしたことがあります。

ほほえましい光景です。

素朴で日常、誰もが経験したことのある光景を、敢えて俳句に詠んでしまう・・・、

祖父の俳句は味があり大好きです。

香龍